Hadia the Natural Jewel2016〜カナダの至宝Hadia来日2016 詳細はこちら


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  



profile(プロフィール)
show(ショー)
lesson(レッスン)
link(リンク)
Saliの考え(sustanable
イベントお知らせ(Event info
イベント後記(Event postsc
インスピレーション(Inspirati
ショー動画写真(performance
ティルタレッスン(Tilta Orie
ライフワーク(Life Work)
健康生活(Healthy Happy
妊娠〜出産〜子育て(Mom dance
学びの時間(learning)






ハディア先生、また来年!
Laima (03/19)
Laima (03/21)
ハディアショー感想
Harika (03/14)
sali (03/15)
Diana (03/19)
浜松SHOW&WS終了!
yokono (06/25)
sali (06/26)
子供たちの絵
chai (08/01)
sali (09/27)
5月のティルタレッスン内容
廣瀬智規 (05/21)
sali (05/21)
Life is how wonderf
アサマ (04/07)
sali (04/08)
夜のぽかぽか
helloharuo (01/22)
sali (01/25)
良いお年を!
うっしー (12/29)
(12/29)
sali (01/04)
sali (01/04)
今年の踊り納め♪
イシス (12/24)
Sali (12/24)
マニアックに楽しめる雑誌(笑)
かずみ (11/05)








ILHAM vol.1〜ちょっとした裏
自然の中で
福岡オープンクラス2019GW
明日はアイララ
マカームレッスン11回目
ゼロから始めるベリーダンス 体験クラス
ILHAM〜vol.1リハーサル
計り知れないこと
第5回定期公演〜祝祭 御礼
311に想う
春のレッスンご案内2019
Ahmed Enanインタビュー
ベリーダンスと音楽の夜〜御礼〜
サイクル
メキシコより
時代性とリノベーション
tokimeki
2019
大晦日2018
インフィニティ



2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2019年5月18日
ILHAM vol.1〜ちょっとした裏話

先日イルハムの音楽リハーサルをしました。
結果ミーティングとダンスリハーサルも必要だったので、音楽そのものを詰める時間は足りず、
色々考えた末に、ワークショップをキャンセルすることにしました。

いまは、まだ土台作り

バンドとしての音楽の在り方が見えるところまで
本番重ねながら作っていきます。

"こういう感覚で、やり取りのできる音で踊りたい"

とてもシンプルにそう思って始まったプロジェクトですが、ダンサー主導にするのは、とても大変です。今まで、どれだけバンドという存在が、内側でまとめて踊りを支えてくれていたのだろうかと、改めて思います。

音楽の流れ、構成、
アートとして、エンタメとして、
予定調和だけじゃないところが欲しいけれど、
楽曲の持つ美しさがわかるから、
どの形へ落ち着けたらよいのだろう。

そして、演奏家に伝わるように説明すること。

正解が1つではなくて、
私がどうしたいのかを問われてます。

初めての経験をさせてもらってます。
正直怖いです。おっかなびっくりな気持ちです。

でも同時に、上手く形になったら、絶対素晴らしいに違いないし、お客様も皆喜んでくださるだろうなと、ただ強い光も感じてます。

演奏家の皆様は、支えてくれると同時に、私がやることなんだと自覚させてくださり、有り難い事です。

今までは勢いで走ってきましたが、ここまで来たら、落ち着いて最善を尽くして、良いショーを作っていきたいと、夜中に目が覚めました。
こんな私に付き合ってくださる素晴らしい演奏家の皆様の笑顔が見れるように、私の役割を果たそうと思います。

そして、同時に出演してくださるダンサーの皆様の存在が安心感の源です。皆様にもベストパフォーマンスして頂けるように、頑張ります。

このイベントは、会場も新しくオリエンタルダンスショーをやる場所です。
ビル1棟をリノベーションして、各階違うフロアとして営業されているシエロイリオさん。
実は日曜ランチなどは、長蛇の列で入るのを諦めるほどの人気店なんです。

ここで、オリエンタルダンスコミュニティでの普通のチャージでイベントが出来るように、実は3ヶ月くらいかけてお話し合いをさせてもらいました。

チャージ6500円は、
ビュッフェと1ドリンク付きです♪

本当は、食べ物はいらないから、ドリンクがもっと欲しい、とか、アラカルトがいい、とか
皆様のご要望に応えられたらいいのですが、

初めての場所ですから、
まずは、ここから始めるしかないかなとなりました。

皆様のご来場が賑やかになってきましたら、
どんどんご希望の形が叶うように変更していけるかなと思ってます。

そして、実はオリエンタルダンスショーで引っぱりだこの飴谷さんに音響照明入ってもらってます。
ムードありきのオリエンタルダンスですから、その辺りもお楽しみにしていてください!

お席もう少しご用意できそうです。
迷っている皆様、気になっている皆様、
是非いらしてくださいね。
お早目のご予約をお願い致します。

私も、新しい衣装を用意しました。
久しぶりに喜びいっぱいの曲も踊ります。

ご来場の皆様に、
"うわぁ〜今夜は凄かった!"って感動して帰ってもらえますように。




以上、イルハム制作裏話でした。
皆さま、良い週末を♡

・☆*・sali・*★・

2019年5月 6日
自然の中で


素晴らしい景色の中でキャンプ

行ったことないけれど、モネの池のような
素敵な池のほとりで

希少な黄色い睡蓮と藤の花と






私はやっぱり自然に囲まれて
家族と過ごす時に
リセットされます。

充電できました♪


夜は初めての天文台で天体観測

今見えている星達のことを
楽しそうに穏やかに教えてくれる解説員の方が

"本当に星が好きなんだな!"

という感じの方で、
素晴らしかったです。

うしかい座のアルクトゥルス
獅子座のアルギエバとレグルス
双子座のポルックスとカストル
乙女座のスピカ

北斗七星の位置から、ここまで見て分かるようになりました。

アプリを使って、星までの距離のことも教えてくれて、立体的に感じられたのが更に良かったです。


息子と過ごす4回目のこどもの日
笑顔を沢山見れて何よりです。

いつも、両親は凄いなぁと思う事ばかり。
大人になっても温かく見守ってくれて、さりげない軌道修正を気づかせてくれて有り難いです。最高の休日を過ごせました。

東京へ戻ったら、また次の休日を楽しみに、
お仕事頑張ります!


・☆*・sali・*★・

福岡オープンクラス2019GW


今回は、どんたくと被っていたので、参加人数もっと少ないかなと思ってましたが、蓋を開けたら、新しい方もいつもの方も来て頂けて嬉しかったです。会えなかった皆さま、また8月にお会いしましょう!

ご参加の皆様、ありがとうございました!
出身の福岡へ帰省の度にレッスンをさせてもらってますが、不思議と、このオープンクラス用の振付は、創作の最後でぐぐっと良い感じに完成へ向かいます。パフォーマンス性ももちろん大切に作るのですが、私の教える用の振付は、沢山踊れば踊るほど、内観が気持ちよくなるように作ってます。振付が好きと行ってくださる方が段々と増えてきていて、とても嬉しいです。

そして、なによりも、だんだんとわたしのお伝えしているハディア先生のボディロジックのことが、みなさんの頭の中だけじゃなくて、身体に入ってきていて、とても嬉しいです。
今回は、特に前回の振付を踊り込んでくださってることが良くわかりました。

終わった後に、軽く打ち上げしながら、次回について話したり、今回はどんたくも観に行きました。お祭りは楽しいですね♪



・☆*・sali・*★・

2019年4月16日
明日はアイララ


アイララショー、明日で3回目になりますが、
ショーのボリュームが大きいので
個人的インナートラベルも毎回大きくて、
今回も先週あたりを山場にして、やっと着地してます。

今回は、夢のあとさき〜Vision of dance〜コーヒー占い師〜祝祭と4公演越えて、
私の中での今後のやるべき形が迷いなく固まるところへやってきました。インナートラベルとしての飛天のその先が、見えてきました。

ショーとしては、普通にエンターテイメントになってます。カーヌーンの響き、天国にいるみたいです。久しぶりに踊るアレとかも、きっとすごくレアです。

衝撃的だったけれども漠然と気づいた2年前と違って、ブレブレに挑戦しまくった時期を経て、
今は、穏やかに"これしかない"と揺らがない軸が見えてます。

気持ちが落ち着いたら、同時に、元から持ってたものの大きさとか、挑戦して失ったものと得たものと、全部がまとまる方向へ、凄い勢いでまとまってきてます。

息子が風邪を引き、看病に追われたり
Dinaの昔の踊りや衣装を紐解き始めたら、それがマカームやタイコのレッスンで学んでいることとも繋がっていって、オセロの端っこのマスを押さえた時みたいに、在るべき形へリセットされてます。

私と未知子ちゃん、お互いに必要だったひと押しをお互いに押したみたいです。違う方向のボタンですけどね。

今は、ただ流れに任せて
起きることを受け止めようというところにいます。私は、この今の私で在ることが自然で幸せです。

そして、ブレブレの中でも、1番大切にしたいことを握りしめてきたから、その拳を緩めた今も、近くにフンワリその存在があります。
そのフンワリ感も心地良いです。

さて、まだまだ今夜も明日もギリギリまで作って踊ってです。

というわけで明日はアイララでお待ちしてます♡
小さなバーなので、お一人様でも誰かと一緒にお話できると思います。ふらり、いらしてくださいね。

・☆*・sali・*★・

2019年4月12日
マカームレッスン11回目

ウード奏者の常味裕司さんに、イベント共催してあるMILLAちゃんとマカームを習い始めて、もうすぐ1年になります。数年かけて、聴き取れる耳と、奏者と創作に活かせる知識を身につけて、他の興味のあるダンサー達ともわかりやすく共有していける形を探っていきたいと思って始めました。

私は物心ついた幼い頃からピアノを習っていて、なんとなく音がドレミで聞き取れるのですが、微分音というピアノでは鍵盤にない音を含むマカームの世界が、なんとも心地良いのです。

(マカームとは、アラブの音階のこと。これまでにいくつもマカームについての記事を書いてますので、気になる方は左の検索窓にマカームと書いてみてください!)

さて、今回からは、マカームそのものではなくて、音楽の中で、メロディラインとどう絡まって何が起きているのかを学んでいます。

常味さんのレッスンは、論理に加えて経験から導かれた懐の深さをいつも感じます。
それは、"こうでなくてはならない" ではなくて、基準があるとして、"こうすると更に美しくなると思うんだよな〜"という姿勢。
そこに触れることが、自分自身の真実と共鳴します。

おまけに、毎回、前後にMILLAちゃんと話しをしながら歩く通学時間も、学んだことを消化するのに良い時間です。何もするにも仲間というのは、有り難くて大切ですね!
↓こんなお花に出会ったりするし♪
お砂糖みたいな甘い香りでしたw

昨日感じたお話をひとつ。

マカームバヤティという、瞑想的なムードがあるのですが、そのムードの音楽の中で、とても情熱的になるメロディがあって、そこにたまらない感覚を覚えました。

瞑想的
情熱的

この一見相反するような要素が同時に存在するときに、"たまらない"という感覚になる。

それは、いわゆるギャップ萌えのような…
(そんな言葉使うと怒られちゃいそうですが苦笑)

ライオンが見せる、か弱さ
小鳥が見せる、精一杯の鼓舞

のような、様相をイメージしました。

こういう感覚って、色で言うと、中間色と言われるはっきりしない色になります。
例えば、ウグイス色とか、瑠璃色とか…

私はその辺りの美学に日本人としての感覚とアラブ音楽の共通項を感じます。

取り留めもなくなりましたが、
今日はこのあたりで。

皆さま、良い一日を!

・☆*・sali・*★・