Hadia the Natural Jewel2016〜カナダの至宝Hadia来日2016 詳細はこちら


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



profile(プロフィール)
show(ショー)
lesson(レッスン)
link(リンク)
Saliの考え(sustanable
イベントお知らせ(Event info
イベント後記(Event postsc
インスピレーション(Inspirati
ショー動画写真(performance
ティルタレッスン(Tilta Orie
ライフワーク(Life Work)
健康生活(Healthy Happy
妊娠〜出産〜子育て(Mom dance
学びの時間(learning)






ハディア先生、また来年!
Laima (03/19)
Laima (03/21)
ハディアショー感想
Harika (03/14)
sali (03/15)
Diana (03/19)
浜松SHOW&WS終了!
yokono (06/25)
sali (06/26)
子供たちの絵
chai (08/01)
sali (09/27)
5月のティルタレッスン内容
廣瀬智規 (05/21)
sali (05/21)
Life is how wonderf
アサマ (04/07)
sali (04/08)
夜のぽかぽか
helloharuo (01/22)
sali (01/25)
良いお年を!
うっしー (12/29)
(12/29)
sali (01/04)
sali (01/04)
今年の踊り納め♪
イシス (12/24)
Sali (12/24)
マニアックに楽しめる雑誌(笑)
かずみ (11/05)








ILHAMプレイベント御礼
Sali Osaka WS 2018
Sali Osaka Show 201
輪郭と空気感
癒し
ILHAMリハーサル
ティルタの新しいカタチ
マカームは生理的
バースディ
自分の踊りを作っていくということ
ILHAM〜soul to soul
Alb el Nile
Badia Star〜滅多に見れない空
コンペティション考察2018
出会いに感謝
ソウルのかたち
野生のチカラ
マカームレッスン4回目
Qariat el fingan〜カメ
9月よりSaliクラスリニューアル



2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2018年12月10日
ILHAMプレイベント御礼

とても冷え込む日でしたが、会場は、熱気で汗ばむくらいの空気感で終演しました。

ご来場の皆様、
素晴らしい演奏者である常味さん、Hassinさん、TAKSEEMAの御三方
会場京橋ララサロンのAzarah & かげっち
お手伝いしてくれた、えりこさんと涼子ちゃん
ティルタのみんな
いつも駆け付けてファンでいてくださる皆様
カメラマンのApacheさん
フライヤーデザインYildiz

そして、いつも支えてくれたりアドバイスをくれる家族と友人達

忙しいママに気を遣って我慢してくれた息子

来れなくてもお祝いの言葉やエールを送って下さった皆様…

お陰様で、良いスタートを切ることが出来ました。

ここまで2年くらいかかりました。
これから、5〜10年スパンで考えていることの始まりだと思っています。

個人的なショーのようで、プロジェクトの提示でもあったので、出来ることをバランス良く形にしていくことを心掛けました。

お客様には、最後には、もちろん笑ってほしいけれど、はっとしたり、じーんとしたり、クスっとなったり、ワクワクしたり、心模様が気持ちよく流れて行ったら良いなと、そんな想いでした。

人生が見えるショー

それが、1番面白いなと思うからです。

私は、こんなに文章書いたり企画してますが、角があって、上手く形に出来ない不器用なところがあります。

昔から想いが強いので、形にするのが難しいのです笑

ただ、私はいつもどこにでも光を見ています。
勉強することがたくさん。
練習することもたくさん。
間違いばかりやってしまう。

そんな私ですが、ここまでの自分が培ってきたものをひとつも後悔のない形として昨日は見せることが出来ました。

それは、新しいいろんな点と点が繋がり始めてきたから。

成熟したな、と思えるまでに
まだまだ時間がかかると思います。

だけど、未来への道がひとつ開きました。
これから一歩一歩進んでいきたいと思います。

心より御礼申し上げます。


・☆*・sali・*★・

2018年12月 2日
Sali Osaka WS 2018

ご参加の皆様ありがとうございました!
マニアックな視点ではあるのですが、
私のおしえていることは、身体の使い方と、心の動きと、表現を繋いだレッスンです。
表面を作っていくのではなく、
本質的な身体の動きと音楽の解釈を通して、

inside out〜内面を伴った表現を目指しています。

皆さんの表情が緩んできて、ふわっと繋がっていく時が幸せな瞬間です。

また来年もお会い出来ることを楽しみにしています!


楽に踊れる基礎

ポップバラディ振付

話題にしていたMona el Saidの動画は
今、動画埋め込みが出来ないので、
こちらに飛んでください!

まだお写真届いてないので後から追加します。
マジカルベール

まさに、マジカルな瞬間となったピアノ曲は
こちらです♪


・☆*・sali・*★・

Sali Osaka Show 2018


2018.12.1 Sali Show at meya meya

主催のSatineとクリスマス、には、早かったね笑

孫弟子を連れて踊るSatineを見て、嬉しかった
Tomoko & Nirfel

Nilferは、実は関東にいたこともあり、
私の弟子3人から習ってきているという!ビックリ関係。

ハマダさんに、お見知りおきになりました。
DINA関連で大阪お邪魔した時に何度もお会いしてるんですけど…私は演技派というお言葉を頂戴しました。辛口だとお聞きしてたんで、ちょっとビックリ嬉しい感じでした。

最近よく会うMarwaちゃん

Samarさんは、とても、たおやかな雰囲気で

写真撮ってないし、私は着替え着替えで、パフォーマンスも拝見出来ませんでしたが、アルバターシャルというタイコアンサンブルの皆様とご一緒しました。皆さまお心温かかったです♡

ほんと、着替えて踊って、たくさん踊りました。
アルフレイラワレイラは、ここのところの最終章でした。

うん、この夜を、終わりたくないって
リアルに感じられる感覚で、踊り終えました。

ここ数年この曲に沢山のエネルギーをもらいました。おそらく、生演奏入れて、4パターンの音で踊ったかな。演技派、表情が素敵!と何人もに言われましたが、最近の私はタラブを感じる音楽で、感情を紡ぐことが大好きなようです。

同時に進めてきてる、次の曲へ移行して、
来週イルハムプレイベントで披露します。

次の曲は、激しくないです。
彷徨うような時の流れと、辿り着く柔らかさも、内包するドラマも、今は自分の中に確かになってきました。

Satineが大阪へ引っ越して3年
ダンス仲間が出来て、彼女なりの世界が出来てきていて、私はとても嬉しかったです。
私を呼びたいんですって、ずっと言ってくれてて、それが叶いました。幸せいっぱいな大阪の時間を、関わってくれた皆々様へ御礼申し上げます♡また来年も秋〜年内に伺います。
どうぞ、また喜びの時間をシェア出来ますように。楽しみにしています!

さて、WSのことは、次の記事で。

・☆*・sali・*★・

2018年11月15日
輪郭と空気感


最近隔週でアートマイムの稽古に通ってます。
動きの感情表現を深めたいと思ったことから始めたのですが、本質的な動きというのは何においても共通していて面白いです。

まだ数ヶ月ですが、動きとしての気づき、身体バランスとしての気づきがたくさんあり、有意義な時間を過ごしてます。

昨日の稽古で、ディスカッションになった話題が面白かったのでシェアします。

ハディアメソッドをご存知の方なら全員馴染みのあるOPEN/CLOSEについて

アートマイムの本質的な動きの中に、言葉にすると同じようなものがあるのですが、身体の使い方が違うのです。

その2つの動きの関係性をどう捉えたら良いのかなということを質問しました。

全員が同じ感覚を指して話していたのかわかりませんが、そこにいた役者さんお一人が、言葉にすると同じ感覚を持っていたようで、

そうか、やはりこれも異ジャンルと共通のことなのか!と嬉しくなりました。

話を掘り下げていく中で、落ち着いた表現がこちらです。

アートマイムの中での本質的な考え方は、
"動きの輪郭を保ったまま表現すること"

そして私がハディアメソッドを元に話していた感覚の考え方は、
"空間に溶け込むように表現すること"

これで、スッキリとしました。
どちらも大切なこと、
でもアートマイムの中では、今まで深めてきた空間に溶けることはおそらくNG、もしくはまた違った塩梅で使われるのだと解釈しました。

なんとなく直感では、半分半分の二重螺旋のような関係かなと思ってますが、どうなるか、
まだ答えが見えるところまで身体が動くには時間がかかりそうです。

いま、私が身につけたいのは輪郭をしっかり保った表現…だけど、空間に溶ける表現は使い続けます。見えたり消えたり、それがあるのが素敵だなと思うから。

そして、どちらにしても、
私は内面と表現が一致していることを大切にしていきたいと思ってます。
時にずれる時があっても、動きから内面を良い方へ導けるような力を、さらに強めたいなと感じました。

アートマイムに興味のある方はJIDAIさんのレッスンへ是非!どんなジャンルでも役に立つ内容だと感じてます。身体使ってるのに癒されるという不思議(๑˃̵ᴗ˂̵)
マイムアーティストJIDAI

・☆*・sali・*★・

2018年11月12日
癒し

仕事の山をひとつ越えて、
やっとホッとした気持ちでプライベートを過ごしました。

どこまでが仕事でどこまでがプライベートなのか線引きの難しい世界に生きているので、
ともすると、24時間臨戦態勢みたいな時もあって、切り替えて気持ちを緩めることが難しかったりします。

もっと上手にスイッチが作れればいいのですが…
これでもマッサージとか色々やってみてるんですけどね。

ちょうど一昨日くらいに、後輩ダンサーさんが昔のFBの写真をシェアしていて、2012年くらいかな、
私がこう言っていたそうです。

"ダンスで地球を癒したい"

そうそう、そう言葉にしていたな、と思い出しました。

今もその気持ちは変わらないけど、
癒しの意味が変わって来たなと思います。

その頃は、踊りのテクニックで、具体的に身体を緩めまくって、オステオパシーでいう間接法のように、身体が自然に元来の形へ向かおうとする力を導こうとしてました。

それは、こうしたい!と主張しまくっていた私の身体をリセットしていくような作業で、
エゴを徹底的に抜くようなそんな時間でした。

7〜8年はずっとひらすら抜き続けていたかな、
それが、ある程度抜けた時に、
そのまま同じことを続けていくことの限界を感じました。

それは私たちが、留まっているのではなくて、
生きているから。

最近は
生きるチカラというのを、意識し始めました。
ある意味、欲とも繋がっているし、本能のチカラなのかな…

完全なる癒しの状態って
何も欲しくなくなる
もうそのままで良くて、満たされてる。

でも、ずっとそこに留まっているわけにはいかないから、振れ幅あって行ったり来たりする。

その行ったり来たりのバランスを取っていることが
今思う、私にとっての癒しの括りかな…

ゼロポイントみたいな癒しの感覚が掴めた時に、
もうここから動きたくないって思ってたから、
そこから動き出すのに、しばらくかかったなぁ…笑 数年はヤダヤダってなってた気がします。

出産というのは、その点、動き出しの起爆剤になったかもしれない。

臨月へ向けて、自分のコアに嘘がつけなくなっていって、ああ、こんなに頑張ってたんだって手放しが起きて、出産したら、もう何もかにも言うこと聞かない時が続いて、でも、確かな幸せがあって…

言うこと聞かない身体が落ち着いて来た頃に、

ああ、生きるチカラがもっと必要なんだ

って腹の底から湧いて来ました。

これって、人によっては違うかもしれないですね。出産で、もっと手放そうってなる人もいるだろうし。

今は、この生きるチカラの踊りを自分の中でひとつ体系化出来るくらいまで整えたいなと奮闘中。
もうすぐ、それまでの癒しの踊りと合わさった、今思う"生きた癒しの踊り"が安定化してくるはずです。


…それにしても不思議
私の踊りは単なるオリエンタルダンス
特にショーとしてスピリチュアル系を目指してはいないし、レッスンも論理的。でも、頭の中も取り組みもスピリチュアル系なことばかり考えてます。

・☆*・sali・*★・