Hadia the Natural Jewel2016〜カナダの至宝Hadia来日2016 詳細はこちら


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



profile(プロフィール)
show(ショー)
lesson(レッスン)
link(リンク)
Saliの考え(sustanable
イベントお知らせ(Event info
イベント後記(Event postsc
インスピレーション(Inspirati
ショー動画写真(performance
ティルタレッスン(Tilta Orie
ライフワーク(Life Work)
健康生活(Healthy Happy
妊娠〜出産〜子育て(Mom dance
学びの時間(learning)






ハディア先生、また来年!
Laima (03/19)
Laima (03/21)
ハディアショー感想
Harika (03/14)
sali (03/15)
Diana (03/19)
浜松SHOW&WS終了!
yokono (06/25)
sali (06/26)
子供たちの絵
chai (08/01)
sali (09/27)
5月のティルタレッスン内容
廣瀬智規 (05/21)
sali (05/21)
Life is how wonderf
アサマ (04/07)
sali (04/08)
夜のぽかぽか
helloharuo (01/22)
sali (01/25)
良いお年を!
うっしー (12/29)
(12/29)
sali (01/04)
sali (01/04)
今年の踊り納め♪
イシス (12/24)
Sali (12/24)
マニアックに楽しめる雑誌(笑)
かずみ (11/05)








出会いに感謝
ソウルのかたち
野生のチカラ
マカームレッスン4回目
Qariat el fingan〜カメ
9月よりSaliクラスリニューアル
カメリアさんのWS
Oriental Nights vol
Oriental Nights vol
Oriental Nights vol
Behind the fantasy
2018.6.21 Behind th
Behind the Fantasy
新しい試み
幾何学と溢れる想い
創作中
マカームレッスン-1
親勉
勇ましい人
光と闇の間



2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2018年9月15日
出会いに感謝


昨日は、埼玉県戸田市文化会館にて、生演奏パフォーマンスをしてきました。
1時間のセットを、バイオリンとダラブッカとダンスで作ることは、今までやったことのない初めての経験でした。

お客様は、ベリーダンスに馴染みの少ない方が多いとわかっていたので、どう着地して行くか…
結局エンターテイメントに終わらせず、タラブの世界観にしようと決めて、ドキドキしてました。

1人で完結させることと
連携を取ることと
お客様との距離感と

昨日はお陰様で、色々なバランスが良かった感触でした。

芸術的な素晴らしいステージ!と言っていただけて、その方向で良かったんだと安心しました。

景子さんの女性らしい細やかな配慮に、たくさん学ばせてもらいました。

お2人が安定しているので、私は伸び伸びと踊らせてもらえて、お客様とも、音とも、たくさん遊べました。もちろん真剣なんですけどね。

それから、今回の発見
フォークロアの大切さを再認識しました。
やはり、あの揃えたフォークロア群舞を出来るということは、ダンサーにとって大切なスキルですね。その感覚を持ちつつ崩す感じというのは、今回1演目やってみて、場に合う感じで、とてもしっくり来ました。
ちょうど発表会準備に入るので、フォークロア教えるやる気スイッチも入りましたよ!

昨年から最小単位でのパフォーマンスの機会が続き、自分の中での引き出し整理してるようです。
よく考えたら1つ1つ、その時は必死でそればかり練習したことの積み重ねでしかないのですね。
いま、私はその棚卸しと整理整頓がやることのようです。足りないものは補充が必要ですし笑

今回は、実は10年前くらいのご縁がやっと繋がったお話でした。
人と人の出会いは不思議なものです。
このタイミング、だったんだなぁと。
有り難いなぁと感謝をじんわり感じてます。

やさしい気持ちになりました。
ありがとうございました!


ティルタメンバーから頂いたお花
深い青に癒されます。

・☆*・sali・*★・

2018年9月11日
ソウルのかたち


大阪へハンガリーから来日中のMercedez NietoのWSを受けに行って来ました。
3月に久しぶりに東京で受けたら、とても良かったので、今回は3コマ全取り♪

1つ目が、まさかのマカームの違いによる踊りの変化についてで、びっくりしました。
いま、まさに私が取り組もうとしていることで、完璧なまでにわかりやすく、そして、多くのタイプの人に伝わる形になっていて、感動しました。
私自身がマカームについて今深めていて、感じていること、言葉にするのが難しい内容を論理的かつ女性的に言葉にする力も流石だなと思いました。
告知の文章だと、コンビネーション練習のように受け取っていたので、これ中身がもっとわかっていたら受けたかったダンサー沢山いただろうなと思いました。プロの方が思ったより少なかったので。

興奮のままに、翌日のアームズのクラスは、3月に彼女の振付から紐解いた身体の使い方の解釈は合っていた!と答え合わせをする時間になり、嬉しかったです。そして、これもまた、進め方がとても良くて、生徒さん各自がちゃんと自分の必要なことを認識できるように作られていて(全員違うものなのに)、流石だなと思いました。
私自身、自分のやろうとしていることに、どのベクトルが足りないのかの判断材料となりました。

振付は、踊っていて、ほんと気持ち良い♡
出来ないことがたくさんあっても、気持ち良い笑

ああ、彼女の踊り好きだな。
ほんとにソウルフル
そして、純粋に美しい

この体感を自分の踊りとして踊れるようになりたいなと思います。

ちなみに、彼女は昔Hadiaさんをハンガリーへ招聘していたりして、動きの体感がHadiaさんの踊りと似ています。個性の部分でいうと全然違うのですが、これはHadia's TT仲間には通じるだろうと思って、今回マコさんやSatineと話しましたが、2人ともそう感じると言っていたので、私の思い込みではないようです(^ ^)

新しいオープンクローズの捉え方も教わりました!
Hadia先生のファンの方へも、彼女のレッスンお勧めします!

夜は、久しぶりに大阪のHadiaファミリーと女子会
これが、また、お店がとても良くて、とってもとっても楽しかったです!


・☆*・sali・*★・

2018年9月 7日
野生のチカラ


photo by Apache

昨年は、必死で天女の世界へたどり着こうとしていた9月に、今年は狩りに出かけている気分です。


自分の創作している世界の話です笑

先日のThe Silkroadというイベントで踊った曲
タイトルがSteppe(草原)だったのですが、
見ていた生徒さんが、
"サバンナみたいでした!"と感想を言っていて、びっくりしました。

まさに、サバンナに狩りに出掛けるようなそんな気持ちに今の私がシンクロしたのかな。

そこに私が見ていたのは

自由

駆け抜けられるスペース

生きる底力


photo by Apache


photo by Apache


大きく一回りして、
また新しいステージに立った今、

ただ明るい調和の世界だけじゃなくて
人間が人間らしく色んな気持ちを味わう
欲とか闇から生まれる、そんな世界も自分の中にあったなと思い出してます。

でも、昔みたいにその中に埋もれるつもりはないから、昔と同じ目線ではない、かな。

その野生的な生きる力は
生き物としての本能
本能が生きてる状態でいたいと
ただそう思います。

荒削りで踊ってみて
そうだそうだ
これだ!と思い出してきてます。

Be wild

あれこれ推敲を重ねた世界とは別
現場主義
懐かしい

とはいえ、実は、これは、来年3月17日のティルタの公演の1演目となります。
その時には、洗練させた形で発表予定。

飛天に続くSaliの創作演目
天界に辿り着いたその後の物語
そして、それは、天界を目指す最初の物語

また、ひとつ世界が見えてきました。

・☆*・sali・*★・

2018年8月30日
マカームレッスン4回目

ウードの常味さんにマカームを習っています。
今日は4回目

ミラちゃんがお休みだったため、いま紐解いている曲Daret el ayamを特集してもらいました。

前に習ったマカームバヤティの復習と
次回習うマカームサバーの予習となりました。
それから、マカームラシッドアルワハ(心の休息)
メロディのフレージングとジンス間の移動の仕方から、なるほどそうやって頂点を作るんだという理解と、それぞれのジンスの持つ景色の体感とが混ざり合い、身体の中で音楽として結びつきます。文字にするとなんとことやら、ですね笑


論理としてあることと、解釈として動く部分が段々とおぼろげではありますが繋がってきています。また、音と音の間隔と自分の体感も、少しだけ繋がってきました。

繊細な世界なので、ゆっくりゆっくりではありますが、たくさんを学んでいます。

私は奏者ではないので、そこに見ているのは、世界観なのだと思います。抽象的なことから世界が生み出される魔法のようなこと、毎回なるほど〜と思うことが沢山あります。

果たして、これが踊りとどう繋がるのか、
それは聴く耳が育つと踊りが良くなるという経験が今までにあるから、きっと繋がっているのだと思います。ゆっくり育てていきたいです。

ちなみに、写真は、最近息子が出来るようになってきたパズル。ここまで自分で出来るようになったんだ!と感動しました。

マカームはある意味パズルの世界でもあって、パズルのような論理から、こんなにも情感が溢れる音楽へと変貌するんだと、その魔法が面白いです。

・☆*・sali・*★・

2018年8月27日
Qariat el fingan〜カメリア東京公演2018 後記


先週土曜日、春先から取り組んでいた公演が無事に終演しました。

今回は、自分の生活の変化と創作への取り組み方が一致出来ずに、途中で、群舞から抜けることになり、皆様にはご迷惑を掛ける結果になってしまいました。

この数ヶ月で始まった新しい生活
シングルマザーで創作活動を生業とすることは、全てを、ただ自らの真実を生きるしかないと
そう思うようになりました。

ダンサーとしてこうあるべきと、弟子達に教えていること、社会性に反することを自分がやったようにも思います。

詳細は省きますが、ただそれでも、そうすることが真実だと、私はそう思って行動しました。

それは、創作を何年にも渡って共にして来た旧友達がいたから出来たとも言えます。

結果、カメリアさん始め、皆様は愛を持って接してくださり、私はスッカリ仕切り直しになってしまっている自分の人生に力を注ぐゆとりを頂きました。

リハーサルも当日も、自分はもっと関われたはずと、悔しい思いがずっと消えませんでしたが、それでも、与えられた自分の関われることに尽くすことが、ただ私に出来ることだと思い行動しました。

本番は、踊り終わって、袖でカメリアさんの踊りを見ながら泣いていました。

生きること
愛すること
踊ること

カメリアさんの真実を感じました。
私は自分の真実でいることを選んで良かった。
そう思います。

ただ、もっとスムーズにコミュニケーション取るべきでした。そのゆとりがないことにも気づいてなかった私でしたが…

今回の公演は、
ダンサーとしてあるべき行動を取れなかったし、正直コーヒーのように苦い後味となりましたが、結果、作品が良いものとなったこと、
愛について沢山学ばせてもらったこと、
そして自分の真実を生きることの大切さに改めて気づきました。
なによりも、コミュニティの温かさに救われました。

ゆとりのない私を受け止めてくださった旧友達に感謝が止まりません。

Kamelliaさん、NOELさん、Amalさん、本当にありがとうございました。


・☆*・sali・*★・